2020長月・靴下ニュース速報

どうも、今夜も靴下ニュースのお時間になりました、ソックスシステムです。

2020年9月現在の気になるニュースを独自の視点から解説して行きたいと思います。

 

 

 

まずはスポーツ!

 

 

 

赤靴下と白靴下に続いて、青靴下。

 

マニー・ラミレスが、オーストラリアン・ベースボール・リーグのシドニー・ブルーソックスと1年契約を交わしたと、MLBネットワークのジョン・ヘイマンが報じている。

 

マニーは過去にレッドソックス、ホワイトソックス、ドジャース、インディアンス、台湾のリーグにも在籍したスゲー選手であります。直近は日本の独立リーグである四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスにいました。

その後どーすんだと思ってたら2020年4月、MLB公式サイトはラミレスが台湾メディアの取材に対して、台湾プロ野球での現役復帰を希望したと報道。っと思ってたら今回のブルーソックスの件である。

 

ボストン・レッドソックス

 

シカゴ・ホワイトソックス

 

シドニー・ブルーソックス

 

 

 

今回のブルーソックスは、マニーにとって、ボストン・レッドソックス(2001~08年)とシカゴ・ホワイトソックス(2010年)に続き、3球団目の「ソックス」となる。赤靴下と白靴下、青靴下というわけだ。

Yahoo!ニュースより出典

もっとも、これで「ソックス」の完全制覇にはならない。少なくとも、あと1球団が残っている。シアトル・マリナーズ傘下のA-、エバレット・アクアソックスだ。マリナーズが50歳近い選手と契約することはないと思うが、相手があのマニーだけに、水色の靴下も可能性ゼロとは言いきれない。

Yahoo!ニュースより出典

 

 

このライターの方、マジで野球好きやなあ。とか思ってたら宇根夏樹という、ヒゲモジャの男性なんですが、MLB専門誌『スラッガー』の元編集長だそうです。マニーがアクアソックス行ったら拍手したいです。

 

 

 

 

警察官、特殊詐欺を職務質問で未然に防ぐ

 

ソースである神戸新聞NEXTのURLが何故か現在は存在しない感じなんですが、、、

 

神戸新聞NEXT

 

兵庫県警東灘署は26日、振り込め詐欺を実行しようとしていた大阪府寝屋川市の会社員の男(21)を窃盗未遂の疑いで逮捕した。

事件を未然に防いだのは、「サラリーマン風の服装なのに靴下が短い」ことに不審を抱いた警察官の職務質問だった。

同署によると、女性宅周辺では複数の「予兆電話(アポ電)」があり、署員が警戒していた。白シャツに黒いズボン、革靴というきっちりした服装だが靴下が短く、足首が見えていた同容疑者を署員が不審に思い、職務質問して発覚した。

 

 

素晴らしい目利きだな!

犯罪者の皆様は、キッチリ新品の靴下を履きましょう!

 

 

 

田中みな実が“モヤっ”とする人

最後は芸能。

 

 

田中みな実

 

フリーアナウンサーの田中みな実(33)が22日深夜放送の関西テレビ「グータンヌーボ2」(火曜深夜0・25)に出演。テーマ「何か気になるモヤッとする人」で、エピソードトークを展開させた。

Yahoo!ニュースより出典

「ちょっとモヤっとするかも」と言いながら挙げたのは「人の家に上がる時に素足で入る人」。友人だと気にならないが「工事や修理の方が、裸足ではないけどすごい汚い靴下で入ってきたりすると、自分でスリッパ的なものを持ってきてもらえないかなって思ったりする」と語っていた。

Yahoo!ニュースより出典

 

田中みな実ちゃん、スゲー分かるわソレ!

言いにくいもんなあ。せめて替えのソックスを持っとけよ!とか思う時ある。

 

 

 


そういえば最近ちょこちょこ、『お客様のお宅にお邪魔する』系の業界から自社用にとオリジナルソックスを作って頂く機会があります。そこまで配慮が行き届いてるって素晴らしいよな〜。

 

弊社では小ロットから靴下のOEMを承っております。ご興味のある方は是非一度ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

ソックスシステムをフォローしてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください