履いて幸せ、見て幸せ。HAPPY SOCKS ☺︎

どうも、ソックスシステムです。

今日はHAPPY SOCKS(ハッピーソックス)について綴りたいと思ふ。
いつものようにしょーもないことも織り交ぜつつ。

ハッピーソックスのロゴ

HAPPY SOCKS



HAPPY SOCKSはスウェーデン生まれの靴下ブランド。

、、、スウェーデン。『北欧』みたいなザックリのイメージしかないので、Google Mapで場所を確認しよう!

スウェーデンgoogle map

なかなか寒い地域っぽいですね。これは靴下いるやろなあ。。。ってゆうか北欧はアレですね確か、家の中では靴を脱ぐ習慣があるみたいなので!そうなるとソックスにこだわる理由も出てくるっつーことですな。

大阪からスウェーデン。徒歩

途中フェリーなども挟みますが、大阪から徒歩で2082時間。約3ヶ月で到着するわけですが、24時間歩いてる計算なのと、過酷な道のりになる可能性がありますので、オススメはしません。

ハッピーソックス創業者

クリエイティブ・ディレクターのヴィクトール・テル(左)と創業者で元最高経営責任者のミカエル・ソーデリン取締役(右)。このお二人によってハッピーソックスは誕生しました。

元々はグラフィックデザイナー、イラストレーターとして活躍していたヴィクトルと、広告業界で長年活躍していたミカエルが、ソックス&アンダーウェアのブランド「Happy Socks」を共同で立ち上げた

出典:Rolling Stone Japan

現在約100カ国で100の単独店と1万2000店舗の卸先で販売。売上高が毎年約70%増と成長を続けており、2016年の売上高は1億ユーロ(約127億円)だった。2017年1月にイギリスの投資企業パラモン キャピタル パートナーズ(PALAMON CAPITAL PARTNERS 以下、パラモン)に7億2000万スウェーデンクローナ(約88億6300万円)で買収されて傘下に入り、さらなる事業拡大を図ろうとしている。

出典:WWD

かなり儲かっているっぽいです。

2008年の設立なので、デザイン系のソックスブランドとしてはベテランの域かもですね。

Wikipedeiaによると、本社はスェーデンのストックホルム。2018年にニューヨーク、2019年にミュンヘン、っとオフィスを構えているみたいです。

日本ではインポーターのスウィディッシュライフスタイルが2010年春夏から卸販売をスタート、有力セレクトショップへの供給が進んだ。その後、伊藤忠商事グループのロイネが取り扱った時期を経て、現在はナイガイが輸入販売している。

出典:繊研新聞

伊藤忠やナイガイさんが絡んでいるのだけを考えても巨大マネーが動いていることが伺い知れますね。

カラフルなソックスたち!

そんな大人の事情は置いといて、気になる商品はと言いますと、、、

ハッピーソックス きのこ ハッピーソックス 電話 ハッピーソックス チェリー

ハッピーソックス 犬

可愛らしい〜。

噂に聞くカラフルで目を惹くデザインが豊富にラインナップ。男女ともに履けるデザインも多いですが割合的にはメンズが55%、ウイメンズが45%程度とのこと。

ハッピーソックス 寿司 ハッピーソックス まねきねこ ハッピーソックス 折り鶴

ジャパンなデザインも用意してくれて、嬉しい限り。誰かにプレゼントっていうのも良いでしょう。

「大切な人への贈り物には、ハッピーソックスのギフトボックスがおすすめ。」

取扱店

置いてあるお店は、ハッキシ言っていっぱいあるぽいが、オフィシャルのというか「コンセプトストア」とハッピーソックスさんは呼んでますが、オンリーショップ的なものもある。

日本では以下の3店舗。

・新宿ルミネエスト
・千葉イクスピアリ
・大阪ルクアイーレ

大阪にあるんじゃ、行くしかないよな。ってことで今度、行ってみます〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください