靴下の需要。

どうも、三度の飯より靴下が好き。ソックスシステムです。

 

 

靴下の需要

先ずは下のグラフ見てください。

 

2004年1月〜2019年2月現在までで
Googleで「靴下」っと調べた際に
一番多い時を100とした場合のグラフです。

どうでしょう。

 

2011年くらいから、グイグイ上がってきてます!
夏には減って、冬には上がる、っとゆうサイクルはありますが
確実に底上げしています。

 

 

「靴下」と調べる人が増えているんです。

 

 

単純にググるという行為自体が一般的になってきたという見方もできますが
僕は靴下の需要が増えていると思っています。

恐らく、経済的に豊かになると
普段あまりお金をかけない部分にまで投資する余裕ができ
生きて行く上で必需品でないものが、毎日の生活に入り込んでくる。

 

 

 

グラフからも分かる通り
暑い時期や地域には必要とされない傾向にあるのかもしれませんが

これから長い目で見て、東南アジアや南米、アフリカ大陸での需要がもっと伸びると予想しています。

 

 

 

靴下を作る

では実際に靴下を作りたい人
って、誰なのか。考えてみます。

 

 

 

 

例えば、アパレル等のブランドをやっている人
ファッションとしての靴下めっちゃ流行ってますからね。
アパレルじゃなくても、ライフスタイルブランドなら靴下を作るかもしれません。
生活雑貨の延長に靴下があってもおかしくありません。

 

他には、スポーツチーム、学園祭や企業
自分たちのチームは皆お揃いのユニフォームでバッチリ決めたいですよね。
ソックスも同じカラーやデザインじゃないとハマらなかったり。
企業さんのノベルティ販促ツールなんかにも良いかと思います。
足元まで揃ってると意識がひとつになり易いかもしれません。

 

アーティストやインスタグラマー等の有名人
オリジナルグッズとしてTシャツやタオルは定番ですが
新しいラインナップとして追加候補に。
そろそろ変わり種が欲しかったんだよってファンの方がいたりして。

 

 

 

 

こんな感じでオリジナルソックスを作る機会がある方はソックスシステムにお任せください!
100足、場合によっては50足からの超小ロットでのOEMを承っております。
もちろん1000足、10000足の超大ロットも受け付けております。

 

CONTACTページよりお問い合わせください。

 

 

 

ソックスシステムをフォローしてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください